着物リメイク ~弥弥~

リメイク作品の紹介をしています

Entries

旬の食材

近所の農家さんで枝豆が出始めました。
枝豆1
一把200円、安いんです。


ゆがきました。
枝豆2
扇風機で冷ましながら、ゆでたてをポリポリ食べてしまいます。


残りはさやから出して料理用に。
枝豆3
薄皮もむくときれいな緑になりますが・・・
めんどくさい・・・



とうもろこし ゴールドラッシュという種類。
とうもろこし1
ちょっと小さめですが、3本セットでお買い得。


圧力鍋で蒸してみました。
とうもろこし2
沸騰してから2分。
採れたてなので、小さくても甘くて美味しい!

去年まで毎年とうもろこしを買っていた農家さんが、
おじいちゃんが去年亡くなって、畑をやめてしまいました。
そこのとうもろこしが、ほんとに美味しかったんです。
食べられなくなって残念ですが、このとうもろこしも美味しかったです。


にんじんの変わったサラダ
にんじんサラダ1
にんじんをスライサーでショリショリ。
(これは楽ですねぇ、はんぱが残るのが・・・)


スナック菓子のカラムーチョ
にんじんサラダ2
これを入れてマヨネーズで和えます。


食べる直前に和えると、カラムーチョがサクサクしてます。
にんじんサラダ3
カラムーチョがピリ辛で、なかなか美味しい。
次はコールスロードレッシングで和えてみようかな・・・



スポンサーサイト

銘仙の着物 で ノースリーブのシャツ

銘仙の着物でノースリーブのシャツを頼まれましたが、
つくる前に母の残した銘仙の着物で試作しました。
銘仙袖なし前
丈を長めにしました。


ボタンは小さめ。
銘仙袖なし胸元


袖ぐりもあまり大きくしませんでした。
銘仙袖なし斜め上


丈が長めなので、スリットを入れました。
銘仙袖なし斜め


一枚で着られるノースリーブが欲しかったのです。
銘仙袖なし後
なかなかのお気に入りになりそうです。



変わった食材

ヤングコーン
コーン1
とうもろこしの間引きです。
大きなとうもろこしを作るためにに小さいうちに
とってしまうとうもろこしです。


皮をむくと、こんなに小さくなってしまいます。
コーン2
小さいけど、ひげ根はたくさんついてます。


私は茹でて、そのままポリポリ食べるのが一番好きです。
コーン3
ゆでたてを、食事の支度をしながら、あっという間に食べてしまいました。

美味しかった!



農家さんが作ったバジルソース。
バジルソース1
賞味期限が近くなっていただきました。


ジャーマンポテトに加えました。
バジルソース2
おいしい~~~
いつもの何倍も美味しくなりました。


買ってきた卵の中に、みょうに長い卵がありました。
割ってみると・・・
双子たまご
双子ちゃん。

なかなか出会えない双子のたまご、
大好きな目玉焼きでいただきました。


丹那特濃牛乳、いただきものです。
丹那特濃
丹那牛乳はけっこう好みの味の牛乳ですが、
この特濃もとても美味しかったので、ロイヤルミルクティを
たっぷり作りました。
冬場の暖かいミルクティも美味しいんですが、
夏場の冷たいロイヤルミルクティも幸せですねぇ。


銘仙の着物で アンサンブル

銘仙の着物で、ノースリーブのブラウスと
七分袖のブラウスのセットを頼まれました。

ノースリーブのブラウス
矢木袖なし前
地色も鮮やかで、大柄なのでシンプルな形にしました。


ボタンを悩みましたが、小さめの木のボタンにしました。
矢木袖なし胸元


袖ぐりはバイヤスで仕上げました。
矢木袖なし斜め


後です。
矢木袖なし後


同じ生地で、七分袖のブラウス
矢木銘仙シャツ前
こちらもシンプルな形です。


同じ大きさのきのボタンにしました。
矢木銘仙シャツ胸元


七分袖で、丈は短めです。
矢木銘仙シャツ斜め


後です。
矢木銘仙シャツ後


セットで着ると、こんな感じになります。
矢木、銘仙セット
ノースリーブではちょっと・・・
というときにいいかもしれません。


使った銘仙の着物です。
矢木銘仙
銘仙は普段着として着られていたので、遊び心のある大柄も多く
けっこう派手な色使いの物もあるので、洋服にしてもインパクトがあります。
ただ、生地に張りがあるので、作れるものが少し限られます。

今回のような大柄の飛び柄は、きちんと柄合わせをしないと
柄がぶつかってしまうので気を使います。


頼まれた方は、顔立ちが華やかな方なので、
お似合いになると思います。


総絞りの羽織 で アロハシャツ

総絞りの羽織で、男物のアロハシャツを頼まれました。
矢木アロハ前
絞りは、生地がでこぼこしているので肌に密着せず、
暑い夏には涼しく過ごせます。


ポケットはあえてつけませんでした。
矢木アロハ胸元
絞りは綸子という薄い生地を絞っているので、
重たいスマホなどを入れると身頃の生地が
破けてしまうかもしれないので、つけませんでした。


ボディ子が女性用なので大きめですが、男性用Mサイズです。
矢木アロハ斜め


後です。
矢木アロハ後



お手持ちの着物がなかったので、私の持っている物の中から選んでいただきました。
矢木アロハ用羽織
総絞りの羽織は絵羽柄がほとんどですが、小紋柄でなかなか珍しい絞りでした。

ご主人のアロハシャツですが、作ったのは3枚目くらいでしょうか・・・
集まりの時などに着ていくと、けっこう注目をあびるようで、
ご主人にも気に入って着ていただいているようです。


左サイドMenu

プロフィール

やっち


タンスに眠るお着物はありませんか?

着物リメイク弥弥では、大切な思い出の残るお着物を普段使いの洋服、小物として蘇らせるお手伝いをさせていただきたいと思っています。

手作り品の通販サイト tetote で作品の販売を始めました。
右上のリンクよりご覧になってみてください。
 

-----

やっち
小さいころからの手芸好き。
2010年から、着物のリメイクにはまりだす。

sgk
娘。ぶきっちょ。箏弾き。
ブログ管理のお手伝いをしています。

最新記事

右サイドメニュー