FC2ブログ

着物リメイク ~弥弥~

リメイク作品の紹介をしています

Entries

付下げでアロハシャツ

付下げでアロハシャツを頼まれました。
窄頭着物
素材は綸子です。


上前の柄をそのまま前身頃にしました。
窄頭アロハ前
右側にするか、左側にするか迷いましたが、なるべく中央に
柄のいい部分がくるようにしました。


衽の部分の柄もあったので、接ぎがはいりました。
窄頭アロハ前ガラ
ポケットのラインと合わせたので、接いだ線はあまり目立たなくなりました。


ポイント柄の付下げなので、上半身は無地になりました。
窄頭胸元


所々に、柄を入れました。
窄頭斜め後ろ
綸子なので、縫うのには神経をつかいます。


柄合わせもなかなか大変なのですが、素敵にできあがりました。
ご主人用のアロハシャツで、ご自分が着られていた付下げだったそうで、
頼まれたお客さまにはとても喜んでいただきました。


スポンサーサイト

大きな花柄で アロハシャツ

大柄の縮緬の着物地があったので、アロハシャツを作りました。
黒花アロハ前
男性用のMサイズです。


アロハにピッタリの柄ですね。
黒花アロハ胸元
遠目には、着物のリメイクには見えないかもしれません。


大柄なので、ポケットも柄合わせをしました。
黒花絽はポケ
着物の模様は50cm~70㎝位の型染めなので、
運が悪いとすごく生地が無駄になりますが、
こんな大柄は、合わせずにはいられませんね。


女性用のボディなので、肩が落ちてしまいます。
黒花アロハ斜め
Mサイズですが、けっこうタップリしています。


素敵な一枚になりました。
黒花アロハ後



使った縮緬の着物です。
黒花アロハ着物
黒一色の大柄の花柄は、なかなか珍しいですね。


アロハシャツは、ハワイで生まれたと思われがちですが、
実はハワイに移住していった日本人が、着物では暑くて過ごせないので、
持って行った着物地を解いてシャツを作ったのが始まりです。
アロハシャツに大柄や、和柄があるのもうなずけます。

天然繊維の絹は、暑いハワイでも涼しく過ごせたのではないでしょうか。

帯地でリュック

ちょっと変わった紬の帯を見つけました。
リュック帯地
無地の紬に、お花のアップリケ。
多分、藍染めの布を使っています。
こんな帯は初めてで、自分のリュックを作ろうと買っておきました。


使っていたリュックがボロボロになってきたので、
この帯で作ることにしました。
リュック前
お太鼓の柄をリュックの表にしました。


後側には、A4サイズのファイルが入るポケットがついてます。
リュック後ポケ
背中に接する方に、大きなポケットがとても便利です。


裏布には、藍染めっぽい布を使いました。
リュック仲ポケ
内側のマチの部分に、ペットボトル入れとメガネ入れをつけました。
いつもごそごそ探し回るメガネが、すっと出てくるようになりました。


背中のポケットにも内ポケットをつけました。
リュック後ポケ
なんかポケットばっかりで、作っている最中、
自分でも訳がわからなくなったりしましたが、
なかなか便利なリュックです。



おそろいのポーチです。
ポーチ斜め


胴の部分の柄を使いました。
ポーチ前
柄の向きが・・・
まあ、細かいことは・・・


内側もやっぱり、ポッケいっぱい。
ポーチ中
写真には写ってませんが、手前右側にはリップ入れがついてます。


スマホケース
スマホケース1
スマホが大きくて、ポケットに入らなくなったら、
いろんな所にスマホを置き忘れるので、ケースを作りました。


右端にスナップがついてます。
スマホケース2
これがないと、かがんだ時などにスマホを落っことします。



家の中でも、こんな風にぶら下げています。
スマホケース3
でもけっこう重いんだよなあ・・・・
なんかいい方法ないかなあ・・・・


記録を調べたら、2年前の夏に前のリュックを作ってました。
2年位でボロボロになってしまうんですねえ。


帯地のリュックはけっこう目をひくので、
なかなか楽しいですね。
特にポーチとセットで持っていると驚かれます。



我が家のパプリカ

春の終り頃、売れ残っていたパプリカの苗を買いました。

花は時々咲くのに実にならず心配していましたが、
やっと実がついて大きくなりだしました。
パプリカ
パプリカ作っている農家さんに聞いたら、ここから先が長いそうです。
大きくなって、黄色か赤に色づくまでに一か月以上かかりそうです。
二個なっている奥の方に、ちっこいのがいるんです。
楽しみができました。



先日、ピーマンの木を片付けた農家さんから、
小さいピーマンをたくさんいただきました。
肉詰め1
肉詰めですねえ(ボケてしまいましたが・・・)
小さいピーマンの肉詰めは、お肉が少ないので焼けるのが早いんです。
生焼けの心配もないので、ちょっと面倒ですが小さいので作ります。


先日作ったトマトソースで煮込みました。
肉詰め2
美味しいです!
トマトもピーマンも、農家さんのおかげです。
今年の猛暑のなか、頑張っている農家さんに頭が下がります。

台風が大きな被害がなく通り過ぎてくれて良かったです。
おまけに、恵の雨を降らせてくれました。


ピーマン? パプリカ?
ピーマン?
多分パプリカだと思います。
白いパプリカは初めてです。


先日農家さんの販売所で見つけた、
赤くない赤たまねぎ。
玉ねぎ1
大きい見事な玉ねぎなので、いつものようにレンチンして


らっきょう酢に漬けました。
玉ねぎ2
ほのかなピンクになりました。
赤くなくても赤たまねぎでした。


アロハの残りで、タンクトップ

昨日、出展中止した布多天神ですが、
お届けもあったので、午前中、作る市会場におじゃましていました。

猛暑のなか、20店近くの方が、頑張って出展されてました。

皆さま、大丈夫だったでしょうか?
会場でやっていたクイズがおもしろく、楽しませていただきました。

暑い中、受け取りにきてくださった方々、
ありがとうございました。
出展者のみなさん、おつかれさまでした。
一樹会スタッフの方、差し入れのアイスクリーム
ご馳走さまでした。



先日作ったアロハシャツの残り布で、タンクトップを作りました。
花柄タンクトップ前
自分用です。


かぶりで着やすいように、前の胸元にギャザーを入れました。
花柄タンクトップ胸元
肩幅を広くしました。


首回りと袖ぐりはパイピング仕上げです。
花柄タンクトップ斜め
丈が長いので、スリットを入れてあります。


後です。
花柄タンクトップ後
おしりがかくれる長さにしました。

気に入った形にでき上がりました。
この型紙で、何枚か作りたいと思います。

着物地は綿ジャージーのように伸びる生地ではないので、
身体に合わせるのがとても大変です。
自分用なので、うまくいかなくても作りなおすことができるんです。

あまり日に焼けてはいけないのですが、暑い時期はタンクトップですね。
お気に入りの一枚になりました。


左サイドMenu

プロフィール

やっち


タンスに眠るお着物はありませんか?

着物リメイク弥弥では、大切な思い出の残るお着物を普段使いの洋服、小物として蘇らせるお手伝いをさせていただきたいと思っています。

手作り品の通販サイト tetote で作品の販売を始めました。
右上のリンクよりご覧になってみてください。
 

-----

やっち
小さいころからの手芸好き。
2010年から、着物のリメイクにはまりだす。

sgk
娘。ぶきっちょ。箏弾き。
ブログ管理のお手伝いをしています。

最新記事

右サイドメニュー